海外エンタメ・ニュースで英語を学ぶブログ

英語学習ブログ

英語本

ナレーターの声と英語が素晴らしすぎる!「シャーロック・ホームズ全集」洋書版オーディオブック購入レビュー!【amazon audible】

2020年4月26日

加入しているアマゾン傘下のオーディオブックサービス「Audible」でコインが一つ追加されたので、前から欲しかったシャーロック・ホームズの全集タイトル(英語版)を購入しました。

サンプル再生で聞いてナレーターの声質とスピードが気に入っていたので、購入してかBGM代わりに流し続けているのですが、耳心地がすごく良いので、やはり買って(コイン交換ですが)正解だったなと思っています。

洋書オーディオブックなので日本語ではなく英語ですが、英会話や英語を勉強している人にはかなり一押しな内容になっていますよ。

一体どういうところがおすすめなのか、その魅力は何?といったところを、これからレビューしていきます。

スポンサーリンク

英語版オーディオブック「シャーロックホームズ全集」を購入した理由

まずAudibleを知らない人に説明しておきます。

AudibleとはAmazon傘下のオーディオブックサービスです。

オーディオブックというのは、ナレーターが本の内容を声で入れた「音声書籍」になります。

私はこのサービスを無料体験期間を経て会員登録しています。

サービスの概要はこんな感じです。

・収録数:40万冊(うち日本語版が1万冊)

・30日間の無料体験あり

・月額1,500円

・毎月1回のコイン付与あり(好きなオーディオブック一冊と交換できる)

・定価の30%オフの購入可能

・購入後はオフラインでも利用可能

・退会後も購入したオーディオブックは聞ける

・返品や交換も可能

アマゾンオーディオブック「Audible」公式サイトより

今までに何冊かのタイトルを購入していますが、どれもいい感じで気に入っています。

購入するときに商品画面でサンプル再生で試し聞きできるので、失敗する可能性が少ないところもgood。

そんなaudibleで前から欲しかったのが、こちらの全集。

「シャーロック・ホームズ全集オーディオブック」【英語版】です。

シャーロック・ホームズは子供の頃から馴染んでいて、全集を買ってよく読んでいました。

映像でもジェレミー・ブレットが主演していた海外ドラマが好きで、過去記事でも紹介したりしてます。

そんなホームズ全集の英語オーディオ版ということで、これは捨てて置けないなと。

もともと読書好きであるということと、洋書を英語音声で聞いてリスニングしたいというのがあったので会員登録し、いくつか洋書オーディオブックを購入しています。

今回はそんな自分の英語の勉強目的と生来の読書好き、そして昔から好きだったシャーロック・ホームズの小説世界が丸ごと原語で聞けるというトリプル(3つ)の喜びが私を襲ったというのが、このタイトルを購入した理由になるわけです。

⇒Sherlock Holmes: The Definitive Collection Audible版 – 完全版

英語ナレーションが素晴らしい

とはいえ、英語でシャーロック・ホームズの小説が聞けるという理由だけで、そのまま購入に至らなかったと思います。

たとえ月一回のコイン(好きなタイトルを一冊無料で交換できる)が手に入ったからといって、ほかにも欲しいオーディオブックは和洋問わずに一杯あったので、そちらを選んでいた可能性も高いということ。

ではなぜこのタイトルを選んだのか?

それは音声サンプルで耳にしたナレーションが素晴らしかったからです。

声質も高すぎず低すぎず、落ち着いた話し方でスピードもちょうど良い心地よいレベル。

癖のないイギリス英語なので、ホームズの小説にある19世紀の雰囲気を声だけでイメージできるところに魅かれました。

スマートで洗練された話し方も、オーディオブックにありがちな「単調で飽きる」ことから見事に開放されています。

そんな素晴らしいナレーションを担当しているのが、スティーブン・フライ氏。

優し気で落ち着いた雰囲気を醸し出すフライ氏は、、イギリスの俳優、作家、ジャーナリスト、コメディアン、司会者、映画監督であるという幅広いキャリアをもった才能人です。

6冊の小説を書き上げてもいて、その意味でも原作を読み上げる際の「物語の呼吸」も心得ていると感じます。

そんな才人が読みこなすシャーロック・ホームズのリーディングは、物語のナレーションから各登場人物の声色まで見事に使い分けているだけでなく、流れるような流暢な発音のおかげで、非ネイティブ英語リスナーの自分でも「聞き取れた」気分になれるから不思議です。

つまり「英語だけでなく音声としても聞き入ってしまう」レベルだということ。

なので移動中や家で過ごす時のホームズ物語のリスニングだけでなく、作業中のBGMや就寝前の睡眠導入剤にも使うに至っています。

これは率直にいって、シャーロック・ホームズファンなら買うべき逸品だと思いますよ。

⇒Sherlock Holmes: The Definitive Collection Audible版 – 完全版

英語版オーディオブック「シャーロック・ホームズ全集」の価格や時間は?

これだけハイレベルなオーディオブックなので、価格もそれなりにするのではないかと思われますが、実際に「高い」です。

定価は10,700円します。

なにしろ全集ですし、プロのナレーションを使っているので、このくらいは当然ですね。

でもAudible会員は「会員割引30%オフ」がつくので7,490円で済みます。

さらに利用者に月一回付与される「コイン」を持っていると、どれでも好きな一冊と交換できるので、無料で入手することができますよ(私はこれで購入しました)

コインと交換できるのは本当にありがたくて、月一回もらえるのはもちろんのこと、使わなければどんどん貯まったいくので、少し長めのオーディオブックを購入すれば、コインを使わないで貯めておくという方法が取れるところが嬉しいです。

そしてこのタイトルの収録時間は71時間57分

すごく長いですよね!

期間で言えば、約3日間分のシャーロックホームズ英語朗読が詰まっているということになります。

もちろん3日間ひたすら連続で聞き続けることはありませんが、それでも数か月はこのオーディオブックだけで過ごすことも可能だということ。

私の場合はBGM代わりに作業中に流しっぱなしにしていたり、移動中にスマホからワイヤレスイヤホンでリスニングするような使い方をしています。

これだけ聞き続けても飽きがこないのは、それだけナレーターの腕が素晴らしいということになりますね!(フライ氏に乾杯!)

まとめ

英語音声が素晴らしすぎる洋書版オーディオブック「シャーロックホームズ全集」を紹介させてもらいました。

Audibleではいくつか洋書版は購入してきたのですが、内容よりも声の質で選ぶようにしています。

どんなに内容が良くても、音声ブックでは「聞き続けることができるのかどうか」が非常に大切ですからね。

なので飽きがこない話し方だったり、声質が自分に合っているのかどうかを購入時の判断基準にしています。

その意味ではこのオーディオブックは満点でした。

素材が自分の好きな19世紀のロンドンを舞台にした「シャーロック・ホームズ物語」ですし、しかも内容をほとんど知っていて、海外ドラマで映像も頭に入っているので、英語を聞くだけで世界観がすっと耳に入って来る「馴染み感」が嬉しいです。

きれいなイギリス英語で英語の勉強にももってこい、ナレーターの声が落ち着いて優しいのでBGMにも最強。

これはホームズファンはもちろん、英語学習者にも抜群におすすめの一品だと改めて強調させていただきましょう!

Narrator's voice is so tender and calm that I can keep listening to it and get into the world of the story as easily as it gets. This is the best English audio book of all sherlock homes materials, I believe.

スポンサーリンク


Copyright© 英語学習ブログ , 2020 All Rights Reserved.