エンタメ英語からニュース英語まで

生きた英語を楽しく学ぶ学習ブログ

英語勉強法

TOEICがハイスコアでも英会話が上手く話せない人の問題点と改善法

2020年12月10日

文法や単語はある程度マスターしているのに、実際に英会話で上手く言葉が出てこない・・

TOEICとか英検でハイスコアや上級レベルにいけているのに、外国人と話すときに小学生レベルの英語の受け答えしかできない・・

そんな人は意外に多いと思います。

かくいう私もそうでした。

TOEICは700点以上のスコアがあって、大学も外国語系の学部を卒業しているのにも関わらず、海外に行ったときに現地の人と満足にコミュニケーションが取れなかった苦い経験があります。

これはなぜなのか?と帰国後に悩んだ挙句、一つの結論に至りました。

今回はその「結論」を軸にして、ある程度の英語の基礎が出来ている人が「上手く英会話を話せるようになる」具体的な4つの方法を紹介していこうと思います。

英会話は反射神経が命!

これが私の感じた結論です。

会話は苦手な人の特徴は「考え込んでしまうから」というところにあり、それを改善するには「英語の反射神経」を鍛えることが重要だと思うからです。

ではなぜ「考え込んでしまうのか?」

それは「正しい英語を話そうとするから」です。

正しい英語というのは「正しい文法に則った英語」「正しい使い方をした英単語や英熟語」です。

「学校の英語」や「資格の英語」に慣れた人ほど、この「正しい英語」に縛られがちです。

だからこそ実際の会話の場面で「正しい英語を話そう」と頑張るので「サッ」と言葉が出てこないという悪循環。

そうしているうちに会話の流れは変わってしまい、次の話になってしまい、「自分の言いたいことを言えなかった」と自己嫌悪に陥ってしまいます。

私が海外に行ったときもその連続でした。

なので、この「英会話の負の連鎖」を断ち切るには「パッ」と英語のフレーズや単語が出てくるように「反射神経を鍛える」必要があるなと思ったのです。

その方法は何か?

【その1】生の英語を浴びるように聞く(読む)

文法や単語をいくらマスターしていても、それが実際にどこでどう使われているのかを体感できないことが、学校英語や資格英語が得意だけど英会話が苦手な人に共通している「悩み」だと思います。

いわばイメージの不足。

なので、まずは今まで自分が学んできた語彙や文法が実際の英会話でどう使われているかを「耳や肌で感じるため」「生の英語」を浴びることが大切だと思います。

素材は何でも構いません。

英語ニュースや海外ドラマ・映画で触れるのはもちろん、ゲーム上のチャットのやり取りでも良いですし、街やカフェで話している外国人の会話を盗み聞きするのも良いです(ただし怪しまれないように)

これを繰り返すことで「生の英語」の感覚が身についていきます。

すると今まで自分が学んできた英語の文法や単語・熟語が、どういう場面で使われて、どういう風に表現されているのかが徐々に分かってくるはずです。

これが英会話の反射神経を鍛える重要な第一歩です。

語学はスポーツと同じ!基本は丸暗記でOK!

続きを見る

【その2】思ったことを英語でつぶやく

シンプルで陳腐な方法ですが、実はこれが一番です。

英語の反射神経というのは、言い返れば「口の筋肉」を英語に慣らすこと。

なので、

思ったことをとにかく「英語で呟く」こと。

考えたことを「英語で話してみる」こと。

ひらめいたことを「英語で自分にプレゼンしてみる」こと。

をやっていくと良いと思います。

これまで培ってきた「生の英語」を織り交ぜて、とにかく英語を口に出して「何かを表現する」練習を繰り返すことです。

いわばスポーツでいうところの「素振り」「ドリブルの反復練習」「シュートの強化練習」になりますね。

これが「英語の反射神経」を鍛える実践力になります。

英会話の上達に音読は役立ちます

続きを見る

【その3】得意なフレーズや言い回しを作る

少しずつ体得しつつある「生の英語」の中から、自分の感覚にぴったり合った「フレーズ」「言い回し」を丸まま覚えて繰り返し覚え、使っていきます。

SNSだったり、映画やドラマ、実際に外国人の会話の流れで「そのフレーズいいな」と感じたものを自分の「もの」にする流れです。

たとえば自分なら「It's gonna be~(いずれ~になる)」「I just think~(私はただこう思ってる)」「Awesome!(すごい!)な感じです。(ほかにも山ほどあります)

つまり「自分の英会話の得意技」を作っていくのです。

これは日本語でも無意識のうちに行っていることなんですよね。

たとえば、誰かの言い回しを「いいな」と思って使ったりしますよね?

世間で流行ってる流行語を普段の会話で使ったりしますよね?

言葉は「借語」といわれるくらい、他者の表現を真似ることで上達したり、自分なりの表現方法を確立していくものなので、それは日本語でも英語でも同じことなんでです。

「生の英語」からお気に入りの英語を抜き出して、自分の「言い回し語録」に加えていく。

この作業を繰り返すことが「パッと英語が出てくる反射神経の基礎」になるわけです。

英会話は細切れにして話そう!上手く伝えるためのコツを紹介

続きを見る

【その4】外国人と英語で話す

これも陳腐で使い古された英会話の練習法ですが、それだけに最も王道です。

生の英語に触れて、一人つぶやき英語で「口の筋肉」を慣らし、自分の得意なフレーズを作った後、今度は誰かと英語を話すことで「コミュ二ケーション筋肉」を鍛えます。

自分の思いを誰かに伝えるというのは、案外難しいもので、日本語でも困難を生じることがあります。

ましてや外国語なのですから、間違えることは通常業務範囲内ですね。

なのでバンバン話して「誰かに英語で自分の考えを表現する筋肉」を鍛えることが大事。

その際に日本人同士だと確実に「恥ずかしく」なります。

なので、外国の人とのみ話してください。

海外の人と一対一、もしくは自分一人vs外国人というシチュエーションのみです。

こうすることで「英語で話さないといけない切迫感」を身をもって体験できますし、つたない英語でも普通に通じることができる安ど感や、逆に「はあ?なにそれ?」的に笑われるパターンもあって「なにくそ!」となるので、これまた精神的にタフになれます。

実は海外では日本人が思っている以上に「英語を話せない」外国人が多くいて、しかも彼らは「満足に話せない英語」でバンバン普通にコミュニケーションをとっていきます。

別記事で詳しく書きますが、デンマークで会ったアフリカ系の人の怒涛の英語はまさにそれで、横で聞いていて「俺の方が何倍もマシだな」と思ったくらいです(相手のデンマーク人はブチ切れてました笑)

こういう感じで「外国人と英語で話す」というのが、英語の反射神経の向上にさらに磨きをかける最終的なプラクティスになるのです。

中学英語で日常英会話を上手く話すための大人の勉強法

続きを見る

まとめ

以上の4つの方法が「ある程度、英語の基礎や知識があるけど、英会話で上手く話せない」人向けの改善法になります。

順番形式で並べていますが、順不同になっても全然構いません。

むしろ、誰かと話すことで「生きた英語のフレーズ」を学んで、それを自分の英会話表現に加えていくという流れもあると思うので、そのへんはフレキシブルに行っていくと良いと思いますね。

かくいう私もまだまだ未熟な英会話学習者なので、誰かに教えるほどはマスターできているわけではないのですが、ある程度のレベルまでは自分の思うことを「パッ」と口に出せるようにはなってきたので、今回の記事を自分なりの経験からアップしてみました。

基本的には独学で充分だと思いますが、周りに生の英語に触れる機会がない、いきなりネイティブの人と英会話は敷居が高いという人の場合は、スピーキングやシャドーイングに特化した英会話の練習サービスを利用する手もありです。

以下のサービスはLINEを利用した語学サービスになっています。

プロ講師による音声の毎日添削で実力が確実にアップしていきます。

英語のスピーキング力を上げるなら「スピテン」

英語を聞き取れるようになるなら「シャドテン」

もしくは動画を使ったリスニング教材で英語の音と英語字幕に触れながら、自然とボギャブラリーや音声に慣れていくという方法もありですね。

無料もしくは無料登録で使えるEEvideoという動画サービスが便利なので、よければこちらもチェックしてみてください(以下の記事内に掲載)

失敗せずに安心して学べるオンライン英会話・英語アプリおすすめ4選【無料体験あり】

英語をガンガン聴いて・覚えて・口にして「英語の反射神経」を鍛えて、身につけた英語知識を「使える刀」に仕立て上げていきましょう!

スポンサーリンク

Copyright© 生きた英語を楽しく学ぶ学習ブログ , 2021 All Rights Reserved.